無料トライアルへ ログイン画面へ

indicator

インディケーター

Web記事の影響力を可視化

-PR効果測定のスタンダード-

Webメディアに取り上げられても、
どれだけの反応や拡散があったのかわからず、
困ったことはありませんか?
indicator(インディケーター)なら、
WebPRの効果を可視化できます。

無料トライアルへ申し込む

トピックス
topics

まったく新しいWebPRの基準

”露出される価値”から、”読まれる価値”へ。
「編集価値換算」という新しいKPI。
indicatorなら記事の「想定PV」を算出することができます。

Web記事のクリッピング国内最高精度※当社調べ

300万件以上のWeb記事データベースを1秒で検索

設定にかかるのはわずか3分

無料トライアルへ申し込む

導入企業様
client

企業名

シャープ株式会社

導入企業ご担当者様

コンシューマーエレクトロニクスカンパニー
健康環境システム事業本部国内マーケティング統轄部
総合プロモーション部 Webプロモーション担当

詳細を見る

導入背景

これまで、自社サイト、公式SNSアカウント運営や、誘引広告を手掛ける中でGoogle Analytics、Twitter Analyticsや、各種Web広告解析ツールを利用し、PVやUUなどを主とした「自社サイトを軸とする」効果測定をしてきました。しかし公式Twitterアカウントの発信をきっかけとしたニュース記事、ネットクチコミが出現するにつれ、これまでの計測していた範囲の外で反響が起こることに気づき、「ネット上全体を軸とする」効果測定をしてみたいと思ったのがきっかけです。また、弊社公式Twitterアカウントの活動は製品プロモーションやブランド向上を目的としているものである為、売上高などの明確なコンバージョンが設定できないのも悩みでした。そのような中、ひとつのツイートから端を発した、さまざまなメディアのニュース記事が、どれだけの広告価値があったかどうか「ペイドメディアと同様の指標」で効果測定できるindicatorを知り、導入を検討しました。

使用目的

主に、公式Twitterアカウントを主軸としたプロモーションの測定に使用しています。広告予算が無くペイドメディアによる施策が打てない製品のプロモーションをする上で、公式Twitterアカウントがどれだけ認知活動に貢献できたかを測るのに重宝しています。

使用実績

「プレミアムなCOCOROBO」シリーズのプロモーション効果測定おしゃべりするロボット掃除機COCOROBOが有名声優やアニメキャラクターとコラボし、音声会話機能を充実させた特別仕様モデルの限定販売にあたり、公式Twitterを軸にプロモーションを展開。2014年11月からこれまで4シリーズ(妹モデル、黒執事モデル、戦国BASARA 伊達政宗モデル、銀河英雄伝説モデル)を販売してきました。同シリーズは、台数限定といったビジネスの為、大がかりな広告予算が付かず、広告費用がかからないSNS(Twitter)を主軸としたプロモーション活動をする必要がありました。そこで、販売台数に加えて、プロモーション活動による広告価値換算効果を明確にする為indicatorを活用しました。

同シリーズのプロモーション効果は全てindicatorで測定しており、以下のようなメリットを感じています。

①「家電メーカーとして意外性の高いコラボ商品」として、これまでに縁のなかったネットニュース、ブログ上の記事もキーワードで自動収集し、記事件数、広告価値換算を測定できる

② Indicator上でデータをストックできるので、歴代シリーズ(過去モデルと新製品)のプロモーション効果を比較測定できる

また、これらの測定データは、開発部門でも活用され、限定販売としての想定範囲内の売上高に加え、どれだけ世の中にCOCOROBOブランド、シャープブランドの認知に貢献できたかといったPR宣伝効果(対費用効果としては大幅にプラス)のデータとしても扱われています。

今後の展開

売上高などの明確なコンバージョンが設定しにくいプロモーション業務は、実施してみたらこういう結果であったといった「結果勝負」の土俵にあると思っています。だからこそ、今後、あらゆるプロモーション活動(宣伝、広報、SNS、Web PR)を行う上で、ますますその「結果勝負」の効果を明確に数値化する必要に迫られます。 そんな中、複合するプロモーション活動の結果を総合して、「同じモノサシ」で効果を算出し比較する事ができるindicatorは魅力的です。今後は社内でもその有用性を共有し、それぞれの活動の成果を振り返るツールとして活用していければと思っています。

そのほか事業会社、メディア、広告代理店、PR会社、リサーチ会社など、
30社以上の企業で導入実績がございます。

主な機能
function

記事ごとの想定PV数を算出

弊社独自のロジックにより、記事ごとの想定PV数を算出できます。

Web記事の効果を可視化

「編集価値換算」、「広告価値換算、「ソーシャルプラグインのクリック数」について、ご登録日より自動で毎日収集し、データベースに蓄積し、日々ご確認することができます。

類似記事の自動クリッピング

記事URL又は検索キーワードを登録して頂きますと、記事タイトルが類似している記事を収集することができます。

検索エンジンの記事順位測定

キーワードを登録して頂きますと、Google及びYahoo!JAPANの検索エンジンにて、既定の記事が何番目に表示されているかを自動で調査します。

CSVダウンロード

蓄積されたデータをCSV形式でダウンロードでき、レポート作成がはかどります。

メディアリスト

約2,000メディアの概要や、月間PV数などの詳細情報を閲覧することができます。

操作画面イメージ

効果可視化までのカンタン3つのステップ
3easysteps

URL

調査対象記事を登録を
していただきます。

類似記事を自動で
クリッピングいたします。

キーワード

キーワードの登録を
していただきます。

キーワードを含む記事を自動で
クリッピングいたします。

「記事順位」、「想定PV数」、「Facebookいいね数」を毎日自動収集します。

自動収集した結果を「グラフ」、「CSV」で表示することで効果を可視化できます。

ご利用料金
price

※上記料金は全て税抜きとさせていただきます。

まずは二週間、無料でお試しください。

無料トライアルお申し込み
freetrial

2週間無料でお試し頂けます。

貴社名
必須
ご担当者様氏名
必須
メールアドレス
必須

※こちらで入力して頂いたメールアドレスがログインIDになります。

電話番号
必須

フォームへご入力いただいた氏名・メールアドレスなどの個人情報について、
当社が定める「個人情報の取扱いについて」に従い適切にお取り扱いいたします。
「個人情報の取扱いについて」をご一読いただき、同意のうえ当フォームをご利用下さい。